FAXDMの送信時間

FAXDMの送信時間について色々な見解をまとめてみました。

反響のいい送信時間帯や送信すべきではない日時などについて記載しておりますので御自分の送信スケジュール立案の参考にしてください。

一般的な送信時間についての考え方

送り先が忙しい曜日や時間帯を避けるため概ね火曜日から木曜日の11時から16時までに送信した方が良いとの一般的な見解です。

http://faxdm.jp/blog/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9dm%E3%81%AB%E9%81%A9%E3%81%97%E3%81%9F%E6%99%82%E9%96%93%E5%B8%AF%E3%81%AF%EF%BC%9F/

http://www.nexway.co.jp/faxdm/blog/blog17.html

http://dotlist.biz/faxdm-in-the-trash.html

まさかとは思いますがこの様な事も意識せずに送っていたのであれば多少なりとも考慮して頂くと反響率が改善出来ると思います。

穴場の時間帯は15時ジャストと18時です。ほとんどのFAXDM業者さんが一般論で勧めており大多数の方は11時から16時に送信しています。

勤務時間の中で一番心が緩む時間が3時前後と就業時間終了直後です。

本来の業務に集中していると余計な思考に時間を取られたくないと感じますが、一服している時間や当日の業務が終了した時間帯はリラックスして読んでいただけると思います。

所詮は確立戦だと割り切る

FAXDMは顔の見えない相手にブッシュ型でセールスを行うものです。

顔の見えない相手に対してこまかい気配りをしていたらきりが無いため所詮は確立戦だと割り切り送り先を増やすことに専念するという考え方もあります。

セグメント化し送信時間を変える

FAXの送信先をひとつの塊と見ず、いくつかに小分けしそれぞれの業種や地域に合わせて送信時間を設定する方法もございます。送り先の客層を細かくセグメント化してみると意外と沢山の塊に分けることが出来ます。それぞれの塊に対して最適な時間を推測して送信すると反響率は確実に上がります。前項で説明した確立戦に対し多少は一騎打ち戦に近い考え方となります。

時間帯以外の要素

曜日や時間帯という考え方の他に、日付にも最適な日と送るべきではない日があります。月末、連休の前後などはFAXの送り先も通常の業務で忙しいため送るべきではなりません。心が緩む月初や給料日などは意外とリラックスしてDMを読んでもらえるのではないかと思います。